home | .

2tyu_t10
開校当時の校舎
(大正10年頃)


miyanomori-renga
初代宮の森校舎

miyanomori2
現在の校舎





 



札幌西高創立100周年・定時制90周年 記念事業協賛会

各部会の業務内容

【行事部】
○ 業務内容
 式典・祝賀会の実施計画立案等
○ 現況
 行事部のメンバーは主に現PTA役員及び後援会役員により構成されており、平成24年10月13日に予定されている記念式典及び記念祝賀会の実施計画の立案等を担当します。現在、まだ具体的な活動は実施しておりませんが、まず記念式典の講演者を今年中には決定したいと考えており、実施計画は来年になってから検討を進めていく予定です。
また、記念祝賀会については、輔仁会当番期(西高34期)と調整をとりながら進めていく予定です。


 
【財務部】
○募金パンフレット作成など募金に関する活動と、寄付金控除の申請を担当します。
○募金パンフレットは平成24年3月に3回目の配布を予定しています。

 
【総務部】
○会計とホームページ運営の他、各部に属さない業務を担当します。
○100周年事業の式典やイベントの記録(写真・映像)をします。

 

 
【編集部】
○創立100周年の歴史をまとめるため、文字・画像・映像・音声等の収集に取り   組みます。 
 「記念誌」制作の編集・発行業務を担当します。
 
 <制作内容>
 開校100年の歴史を出来るだけ多様に再現し、後世に引き継ぐことの出来る基盤 を作ります。西高ならではの先進的、個性的な取り組みにより、発行物自体が西高の校風を象徴するものになる様工夫します。
 
 <制作物>
「札幌西高創立100年史」
  西高100年・定時制90年の歩みをまとめた通年史。校歌ほか音をCDに収録。
「写真でつづる西高100年」
  創立以来100年の歴史を、各期ごとにまとめた写真集。
「デジタルアーカイブ=西高記憶の図書館」
  二中時代から現在までの各時代の思い出を、映像と写真でたどるDVD。

 
【事業部】
 〈美術展〉
ギャラリー札幌大通美術館 平成24年10月9?14日
札幌時計台ギャラリー 平成24年10月7?13日
田中照比古(18期)さんを実行委員長として、鈴木吾郎(8期)國松明日香(17期)前田健浩(西高教員)各氏により、作品の選定を行います。尚、今回は書道も展示予定です。
 
 〈演奏会〉
コンサートホール“キタラ” 平成24年8月13日
OBオケとOB合唱団並びに現役の生徒も参加する予定です。
・ 第一部/第9合唱を演奏
・ 第二部/現役の西高オーケストラ定期演奏会

〈西高彫刻プロムナード〉
西高のキャンバス内に西高ゆかりの彫刻家作品を配置し、在校生や広く市民にも親しまれるプロムナードとして位置づけしたい。今回、本郷新・山内壮夫作品も加えることで、より充実したものにしたい。






実行委員は、彫刻家鈴木吾郎(8期)・國松明日香(17期)・永野光一(23期)・道立近代美術館副館長佐藤友哉(20期)・札幌彫刻美術館館長佐藤信(17期)・(株)KITABA代表取締役会長斉藤浩二(16期)・前田健浩(西高教員)の皆さんです。

〈学校への寄贈〉
現在、電動大型プロジェクタースクリーン(250インチ)・テニス用オムニコート(人工芝)1面・オーケストラの楽器の寄贈を考えています。

 

 

 

 

札幌西高創立100周年・定時制90周年 記念事業協賛会

戻る