輔仁会とは

SHARE ON

部会・支部会

東京支部会とは

東京支部会ホームページ

東京輔仁会は、北海道外(本州・四国・九州および沖縄県)在住の輔仁会会員ならびに元教職員を会員とし、事務局を東京に置く、輔仁会の組織機関の一つです。1952(昭和27)年の発足以来、総会、役員会、幹事会を置いて、70年にわたる活動を継続してきました。毎年5月下旬~6月上旬頃に開催する「東京輔仁会(輔仁会東京支部)総会・懇親会」は、幅広い年齢層の多彩な同窓生が集う、貴重な交流の場となっています。

沿革について

・1952(昭和27)年10月20日

 二中有志30名で東京支部発足。会員名簿の整備を進める(1982年までに約1,600名)

・1977(昭和52)年

 年会費の徴収(1978~1987年)と会報「東京輔仁」の発行(1978~1985年)を決定

・1987(昭和57)年

 支部年会費を廃止して本部維持会費に一本化。本部より助成金支給開始

・1991(平成3)年

 過去最高の総会・懇親会出席者(337名/案内状発送:5,294名、返信:1,667名)に

・2003(平成15)年

 本部当番期有志による総会・懇親会の運営サポート開始(西高25期より)

・2007(平成19)年

 総会・懇親会に先立ち、同窓生による講演会がスタート(第1回「希望の大地・北海道」西高3期・内山 斉氏)

東京輔仁会(東京支部)70年の歩み

活動のあらまし

総会・懇親会&講演会

毎年1回(5月下旬~6月上旬の週末)、東京都心で開催しています。<東京輔仁会 総会・懇親会のご案内>

令和元年度(2019年)東京輔仁会総会・懇親会

札幌西高校在校生の在京企業訪問を支援

札幌西高校では2015年度より、東京大学志望者(希望者)に向けた東大研究室訪問と同時に、グローバル化対応などに積極的な先端企業(2社)を訪問し、勤務する西高の先輩等の企業人との交流から、進路に対する意識を高める取り組みを実施。東京輔仁会では2018年度以降、札幌西高校からの依頼により、在京会員の勤務先企業の紹介・調整など、西高生の在京企業訪問を支援しています。

ご参加ください!

東京輔仁会は年1回、高校時代を過ごした故郷・札幌を離れ、各地で暮らす同窓生が年齢や立場を超えて集い合う、あたたかな交流の場を提供しています。ぜひ友人と誘い合わせて、もちろん一人でもお気軽に、東京輔仁会総会・懇親会&講演会にご参加ください。懇親会参加は有料ですが、開催年3月卒業生と80歳以上の同窓生は無料(ご招待)、大学生相当(卒業後2~4年間)は特別割引となります。また、期別幹事にご登録いただき、企画・運営にお力添えいただけますと幸いです。

 

 

 

東京支部会役員(2022年6月4日改選・※印は新任)

会長

 有末真哉(西高26)

副会長

 阿蘇佳一(西高17)・中上喜博(西高25)・道見由貴(西高28)※

幹事長

 川島雅巳(西高35)

副幹事長

 星野利彦(西高35)・栁井健夫(西高36)・金木勲(西高40)

会計

 草柳裕子(西高26)※・前川信一(西高41)※

監査

 山田和宏(西高29)※・中本祥子(西高32)※

名誉顧問

 青木秀臣(西高9)・中津海光夫(西高10)

幹事会

 現在、約100名の期別幹事が登録中